事業承継で失敗しないための3原則|会社の存続にかけて

ウーマン

独立開業の近道となる

ラーメン

ラーメン店を持ちたいという人は、フランチャイズ化しているラーメン店で修行し、独立する方法を選択しましょう。求人情報にも店長候補や育成に力を入れているものが多くなってきています。この方が独立開業の近道となります。

Read More..

海外ビジネスに役立つ業務

握手

インドネシアはアジアの中でも将来が期待される国となっており、そこでのビジネス展開を望む企業も多いです。このような海外進出は専門のコンサルティング業務の利用が頼りがいがあり、ビジネス上のサポートを行ってくれます。複雑な手続きなどいろいろな負担軽減にもつながるので、相談してみるのがおすすめです。

Read More..

3種類の承継方法

そろばんと紙幣

事業承継は経営者としての地位と事業を次の後継者に引き継ぐことを意味します。しかしながら、その方法には3種類あります。中小企業に多いのは親族内承継というタイプのものです。この事業承継は現在の経営者の子供あるいは兄弟に事業承継させるというものです。およそ事業承継の50%は親族内承継です。ただし、最近は徐々にその割合が少なくなっている傾向もあります。また、従業員への承継というタイプもあります。長い年月の間会社に勤め上げた従業員に事業を承継させるというものです。これは徐々に増加傾向にありますが、注意するべき点もあります。それは株式取得にかかる資金を用意することが従業員の場合はなかなか難しいということです。

近年非常に増加している事業承継の方法がM&Aを利用した事業承継です。このように増加している背景には次のようなことがあります。たとえば、親族内に適切な後継者がいないケースです。現代は親の事業を引き継ぐ子供が少なくなってきています。子供がいたとしても事業を引き継ぐのに必要な能力を有した人材が家族内にいなければ、M&Aで第三者に承継した方が良いです。あるいは、家族もしくは従業員が後継者になるには、その教育するのに時間と手間がかかります。M&Aであれば買収する企業側に経営のノウハウがありますので、わざわざ教育する必要がありません。もちろん、企業文化をこれまで同様に維持することが難しいなどの問題もありますが、それによって好転する可能性も否定できません。

飲食店を開業するポイント

ラーメン

フランチャイズを利用することで簡単に独立開業できるラーメン店は、競合店が増え続ける中での努力が必要になります。集客やメニュー作りで個性を打ち出すことで、他店との差別化を図る工夫が求められることを意識する必要があります。

Read More..